「身に付けたいと心から思えるものだけをつくる」時計を通して社会課題の解決を目指すTRIWAをタドる!
読みもの|11.29 Mon

海洋プラスチックごみ問題

ここ数年、海洋プラスチックごみの関心が高まっています。一説では既に世界の海に存在しているといわれるプラスチックごみは、合計で1億5,000万トンあると考えられています。さらに、少なくとも年間800万トン、重さにして、ジェット機5万機相当のごみが、新たに流入していると推定されています。

ペンギンの写真
海の写真

さらには、魚が大きさ5mm以下の小さなごみになるマイクロプラスチックを餌だと勘違いして体内に取り込まれた結果、マイクロプラスチックに含まれる有害な化学物質が食物連鎖に悪影響を与えると危険視されています。

海の写真

サステナブルな社会への確かな貢献

このような社会課題に対してビジネスによって改善を目指す企業があります。その企業とは2007年に4人の男によってスウェーデンのストックホルムで結成された『TRIWA』という腕時計ブランドです。

TRIWAの写真
出典:TRIWA Webサイトより

TRIWAの由来は「Transforming the Industry of Watches」(時計業界に革命を)という頭文字をとりTRIWAというブランドネームになりました。ブランドネームから社会変革の覚悟を感じるTRIWA、皆さんにこのブランドの取り組みを少しでも知ってくだされば幸いです。

Time for Oceans

TRIWAが海洋プラスチックごみ問題に対して取り組んだ新規商品開発、「Time for Oceans」。これは100%海洋プラスチックごみから作った世界中で初めての腕時計です。

TRIWAの写真
出典:TRIWA Webサイトより
時計の写真
出典:TRIWA Webサイトより
時計の写真
出典:TRIWA Webサイトより

スイスのThe Ocean Material社が太陽光エネルギーを使って海洋プラスチックごみを顆粒にすることによって、TRIWAがそれらを時計に生まれ変わらせています。ストラップも動物の革からペットナイロンをリサイクルしてストラップを作る方法に変更しています。さらには、説明書や保証書が入るBOXもリサイクルペーパーを使用しており、腕時計にかかわる全てが環境にとことん配慮されています。

時計の写真
出典:TRIWA Webサイトより
時計の写真
出典:TRIWA Webサイトより

Time For Changeの挑戦

TRIWAはTime for Oceansの他にもTime for Peaceというプロジェクトも行っています。このプロジェクトは違法銃器を溶かして固めた金属“Humanium”から腕時計を作っています。1938年から武器による暴力行為の撲滅活動を推進してきたNPO「IM Swedish Development Partner」が立ち上げた「Humanium Metal Initiative」という活動にTRIWAが協力したことによりTime For Peaceは始まりました。このような背景から作られたTime For Peaceシリーズの腕時計は平和の象徴と表現されるとともに売上金の一部は紛争によって引き裂かれた地域の復興を助けるため、そして武器によって負傷した被害者を助けるために寄付されています。

時計の写真
出典:TRIWA Webサイトより

まとめ

Time For ChangeというキャッチフレーズのもとTRIWAはTime For Oceans、Time For Peaceプロジェクトに注力することで人々が普段身に着ける腕時計から社会課題のメッセージを発信し続けています。「自分が身に付けたいと心から思えるものだけを製造する」というモットーのもと現代のファッションスタイルを追求しつつ社会課題を腕時計製造から発信するという時代の最先端ビジネスを取り組んでいるTRIWA。私たちは意識的、無意識的にブランド名、知名度で購入する物を決める時があります。しかし、実際に企業が取り組んでいることを知り、応援することでその企業の助けになります。そして、このような会社が世界的ブランドになる、または最先端ビジネスに取り組む企業が増えることが持続可能な社会を作る一つの近道なのではないでしょうか。

以下にTRIWAの公式サイトを載せておきますのでこの記事でTRIWAに興味がある方は、一度サイトを覗いてみてください。

TRIWA – Time for Change

TRIWA/トリワ 【日本輸入総代理店】 | NORDIC FEELING

#アップサイクル #サステナビリティ #持続可能な社会 #海洋プラスチック問題 #読みもの
SHARE: Twitter Instagram

記事を作った人たち

タドリスト
大場政虎
交換留学生として2021年8月からスウェーデンのSodertorn大学に留学中。環境政策に熱心なスウェーデンで環境経済学を勉強中。スウェーデンでの生活などを通じて気になったトピックを日々発信。