推譲
¥1650
税込
今すぐ購入

再生可能エネルギー100%でつくられた井上酒造の「推譲」。TADORi先行買付け分を販売!

神奈川県で、「推譲(すいじょう)」というお酒がつくられました。
それは、100%自然栽培米を使ってつくられ、さらに酒米の栽培から酒づくりまで一貫して再生可能エネルギーが使われた、日本で初めて、つまりは世界で最初の日本酒。 しかもその田んぼでは、農作業をする頭上に太陽光パネルを設置する「ソーラーシェアリング発電所」が稼働中。 そういうことで推譲は、最先端のエネルギーの取り組みから生まれたお酒とも言えます。 700本のみ生産、そのうち限定100本販売します。

昨今、環境問題には「SDGs=持続可能な開発目標」が必要不可欠。推譲は、その目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」にも直結です。

この新しい日本酒をつくったのは、ソーラーシェアリングを運営する合同会社「小田原かなごてファーム」(小山田大和代表社員)、創業約230年の老舗「井上酒造」(大井町上大井)とその仲間たちでした。

小田原かなごてファームは、2016年から小田原市内の耕作放棄地でソーラシェアリングをスタート。 もともと、小山田代表は「食もエネルギーも地産地消を進めていきたい」という想いを持ち、そこには「使われなくなった休耕地を新しい農業とエネルギーの取り組みで再生させていく」という、壮大な構想がありました。ソーラーパネルの下に植えられたのは、ブランド米「キヌヒカリ」。

しかし18年、収穫直前に台風が直撃してパネルが倒壊。19年は生育不足で収穫できず。 3年目の収穫で、ようやく300キロ分の米が実りました。大きな夢を描いた市民の挑戦は、一筋縄ではいきませんでした。

発電と耕作放棄地

井上酒造は、みんな電力を通じて、小田原かなごてファームが所有する「おひるねみかんODAWARA発電所」から電気を買っています。「おひるね」の言葉には、「使われずに眠っている農地=耕作放棄地」の意味があります。

酒づくりには美味しいお米、いいお水が必要最低条件。 7代目当主・井上寛さんは近年、仕込みに使ってきた2本の井戸のうち1本の水量が極端に減ってきて、地域の雨量が気になるようになったと語ります。

後継者や耕作放棄地は、全国の農家が抱えている問題。小田原エリアでも、耕地面積の約20%が耕作放棄地です。雑草が生え、里山の風景は失われ、自ずと農作物にも悪影響を与える悪循環が生じるのが耕作放棄地。

だから井上酒造では、「耕作放棄地での栽培」ということを大事に、少しでも地元の農業に貢献、応援できるスタンスを考えています。 井上当主は、「地元でお金がまわっていく状況をつくりたい」と語ります。

農業への尊徳の想い

「推譲」の名の由来は、小田原ゆかりの二宮尊徳。二宮金次郎の名でも知られる江戸時代の農政家、思想家で、尊徳が生きた江戸中後期は、人口と経済の長い停滞期に当たり、とりわけ農民は貧しく、苦労の時代でした。尊徳が唱えた「報徳」の実践で、特に重要な概念こそが「推譲」でした。

それは子どもや孫といった将来世代に残す貯金であり、他者への推譲は「地域への寄付」とも言えます。

当時推譲で集まった資金は、用水路の整備や洪水対策などの土木事業、農民の借金を返済するための無利子の貸付などに使われました。

主役を引き立てるお酒

井上当主がつくるお酒は、まず第一に「お料理と一緒に楽しめるもの」であること。 主張し過ぎない、わき役として、食べるお料理を引き立てるのが特徴です。

この推譲も、どんなお料理にも合うお酒。 クセのない素直な味わいでスッキリした後味なので、暑い季節に冷えた推譲がすっと喉に入ってきます。

お刺身などの和食にはもちろん、香りの強いエスニックなどにも合います。バニラアイスやベリー系のケーキなどのスイーツにも絶妙に合います。

推譲に使われているのは、自然栽培米。自然栽培農法(無施肥・無農薬栽培)で、化学肥料や農薬、有機肥料、堆肥などを利用せず、自然のままの土壌と水だけで栽培したお米です。

土と作物が本来持っている力を引き出し、厳しい環境を生き抜いた稲が実らせたお米です。余計な肥料を使っていないため味にクセがなく、それが推譲にも反映されています。

▼推譲が届いてからのお楽しみ▼
商品に添付されたQRコードを読込むと、推譲が生まれた町のことがわかるコラムや、感想を書きこめるサイトにアクセスできます。ぜひご覧ください!

#お買いもの #ソーラーシェアリング #再エネ #日本酒 #耕作放棄地 #自然栽培米
SHARE: Twitter Instagram

記事を作った人たち

タドリスト
平井有太
エネルギーのポータルサイト「ENECT」編集長。1975年東京生、School of Visual Arts卒。96〜01年NY在住、2012〜15年福島市在住。家事と生活の現場から見えるSDGs実践家。あらゆる生命を軸に社会を促す「BIOCRACY(ビオクラシー)」提唱。著書に『虚人と巨人』(辰巳出版)など
Creative Director
ISAO
東京とロサンゼルス拠点に活動するフォトプロダクション「SANJU production」
Photographer
Endo Ryutaro
東京とロサンゼルス拠点に活動するフォトプロダクション「SANJU production」